ホワイトカラー

新大阪・西中島近くのメンズサロンA-ge(アージ)では、「ダブルカラー」が人気です。

更新日:

髪をブリーチしてからヘアカラーで染める「ダブルカラー」は、発色が良いキレイな髪色に仕上がるのが魅力。だけどブリーチしてカラーいれて・・・、髪が傷まないか心配…そうお悩みの男性も多いのでは?そこで今回は、ブリーチのメリットやデメリット、ブリーチありorなしの発色の違いなどをご紹介します。

Wカラーのメリットとは

  • 発色が良く美しい
  • 外国人みたいに透明感あふれる髪色になる
  • 個性的な色味がつくれる

ダブルカラーのメリットは、何といっても発色が良く綺麗なこと。ブリーチでは髪の色素を抜いていくので、黒髪から茶髪、金髪のように、次第に髪色が薄くなっていきます。薄くなった髪色にヘアカラーを入れるので、おのずとヘアカラー本来の色味が出やすくなります。逆にブリーチなしでヘアカラーを入れた場合、ヘアカラーの色味が出にくいということになりますね。

ダブルカラーだと、外国人みたいに透明感あふれる髪色を手に入れることができます。ブリーチなしでヘアカラーを入れるより、明るめに仕上がるのも嬉しい特徴です。またブリーチなしでは表現しにくい微妙な色合いのカラーや、ビビッドなカラーなども発色しやすくなります。

Wカラーのデメリットとは

  • 髪が傷む
  • 色落ちしやすい
  • パーマなどがかかりにくい

ブリーチ最大のデメリットは、髪が傷むこと。

ブリーチでは色素を抜いてしまいますので、どうしても髪や頭皮に負担がかかってしまいます。ブリーチを繰り返すと、髪がパサパサになってしまう場合も。専用のシャンプーやトリートメントなどで、こまめにケアすることが大切です。

また、ダブルカラーの場合、色落ちしやすいのもデメリットです。ブリーチで髪の色素を抜いてしまうので、髪のなかはスカスカの状態になることも。スカスカの状態では、ヘアカラーが定着しづらいので、色落ちしやすくなってしまいます。同じ理
A-geでは、なるべく色落ちしにくい前処理剤など使用しますのでご安心下さい。

そして、A-geの「痛みを修復するトリートメントコース」も大変人気で、お客様から好評を頂いております。

髪は生えた時点で細胞は死んでいますので、生き返ることはありませんが、
当メンズサロンA-geは必要な箇所に必要な成分をしっかりと入れていくトリートメントを使用します。

髪に栄養をたっぷり与え、髪質から改善していきます。
髪の毛の成分とほぼ一緒な成分を擬似形成し、生まれ変わったような手触り、質感に仕上げます。
定期的に、A-geのトリートメントコースをしていただきますと
髪の補修を繰り返しダメージに強い、保湿力の高い髪に導いてくれます。
この時、しっとりする成分、やハリコシをだす成分など、髪の内部に浸透させていきます。

是非一度当店「メンズヘアサロンA-ge」へのご来店、心よりお待ち致しております。

-ホワイトカラー

Copyright© Men's only salon A-ge , 2019 All Rights Reserved.